スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

元旦のマイナスプロモーション

私は4年ほど前から、年賀状を廃止した。年賀状だけの付き合いの旧友から、印刷だけの年賀状が届くと、正月から気分が萎えるから。
それまで賀状にはすべて返信するようにしていたけど、あまりに無意味な社交辞令に思えたので、暑中見舞いのハガキで、今後年賀状を出さない旨伝えると、その後旧友からは一切賀状が来なくなった。 (それでも、学生時代の恩師から何年か続けて賀状を頂いて、とても心が痛かった…。でも決めたことなので、返信は出さなかった。)
…そんなわけで、「無差別に新年の営業挨拶しとけ」的な、BCCメールが元旦に届くと、気分が萎えるどころか、怒りを感じずにはいられないわけです。
送り主は、過去に名刺交換を一度しただけの人、もしくは以前仕事をしたことがある人。 後者は不思議なことに、「直接」仕事をした人ではなく、仕事をした会社内の別の人から送られてくる場合が多い。(だからこそ、空気を読まずに失礼なBCCメールを送れるんだと思う。)
BCCでお気楽に挨拶、というのが一番の怒りポイントなんです…。
手書きメッセージの入ってない、印刷だけの賀状を送ることだって、本来大変失礼なことだと思いますが…(お世話になった目上の方からなら、貰うだけで嬉しいけど。) 何の負担もない無料のメールで、しかも相手の名前を書かずに不特定多数に送信することが、どんなに失礼なことか、BCCメールを送る前に、一度頭をフル回転して考えてほしいものです。
…それでもイチかバチかで、「オレの今年の抱負を皆に読んでほしい!」とかであれば、百歩譲ってBCCではなく、せめて冒頭に相手の名前を書いて、手抜きせずに一人一人に送るべきです。 (それでも実際に読んでもらえるのは、100人のうち2,3人くらいだと思う。)
これまでに送られてきた新年メールで、一番酷かったのは「〇〇さんから新年のご挨拶が届いています」みたいなメールが、よく分からないサービス会社から届いたこと。 「ここをクリックしてね」的なURLが貼ってあったが…相手に余計な動作を促すのは最悪です。
百歩譲って友人同士ならまだしも、ビジネスでわけ分からんサービス使うな!!!…と、激怒。(同じ人から3年くらい、立て続けに元旦に来た。昨年のうちに仕込んでおくんだろうな…。汗)
BCCメールを送る人はたいてい決まってるので、事前にメールを受信拒否にすれば、正月から気分が萎えることはない。
少し話は逸れ…

最新の投稿

「創作に『無駄』はない」今関あきよし監督からのメッセージ

思い出に「答え」が出るのは何十年も経ってから

「あなたの作品はアニメではありません!」とアニメ作家にからまれる

自虐的になってまで営業するべきか

プロのやり方に口出しするべからず

私の仕事は学歴不問

友だち1000人いるようなヤツはアテにならない

スマホ・SNS中心に世相を語らないでほしい

人を紹介するも、紹介されるも大変だ

籠の中で飼われている…?