失われつつある?大卒の価値

母校で講演会をさせて頂いてから、二週間近く経ちました。
あの貴重な経験が少しずつ咀嚼されて、自分のなかで「アレを言って良かった」「ああすれば良かった」等、小さな独り言がポロポロ出始めています。

―とはいえ講演会当日以降、誰からも反応が無いので(笑)、良かったんだか悪かったんだかイマイチよく分かりません。とりあえずクレームは来てないので、大丈夫だったのかな?良くない点があれば、改善して次また機会をもらった日のために備えたいんですが…。

でもホント、芸術を学ぶって、なんてお金が掛かるんでしょうね!デッサン教室に通うのに月2万という話も生徒さんから聞きました。親がお金を出してくれる家庭なら甘えていいと思うけど、自分で学費を工面する場合はとっても大変…。

会計士になるとか、機械整備がしたいとかの理由で専門課程の大学に行くなら、会社に勤めて2年とか?で、掛かった学費は稼げるかもしれないけど、高い学費を払ったところで報われないのが芸術分野…。

アーティスト屈折8年とかで、やっと学費分稼げる人もいれば、ある人は成功して三か月で稼げるかもしれません。でも一気に売れて稼げるまでに、10年掛かるかもしれません。未来の自分がどうなるかは、誰も読めません…。(それでもやりたいことがあるなら、リスクを背負ってやるべきだと私は思いますが…。)

社会に出る前の段階だと「それなら美大・芸大に行って、大卒の資格は最低限取っておいた方がいいのかな?」と、何となくボンヤリ思う人もいるかもしれません。

いやいや…!でもちょっと待ってください。今ドキみんな大学出てるし、大卒って全然珍しくも有難くもないんですよ。
ソコソコ良い大学出てるからって、それだけじゃ別に誰も褒めてくれやしないし。
東大・京大を卒業すれば、そりゃ~多少は認めてもらえるかもしれませんが、それ以外の大学はドッコイドッコイじゃないですかね?(理科大を卒業した私の、超個人的意見。笑)

しかも出身大学を誇れるのは、せいぜい社会人一年生までじゃないですかね?
自分の仕事の要領がもし悪ければ、高卒の上司に怒鳴られながら仕事をするのも当たり前で、仕事が出来る・出来ないに出身校は全く関係ないと思います。
受験前の段階だと想像しづらいかもしれませんが、大卒であるが故のプライドがズタズタに引き裂かれる場面が、この先何度も訪れるかと思います。

それに、いい大人が大昔の出身大学を誇るのもかなりダサいので、学歴ってホント、大人になるとあまり重要に思わないんだけど、どうなんでしょう?

―話を元に戻して。
大学も少子化で生徒獲得に必死なんで、えり好みしなければ頑張らなくても大学生になれるんです。なので、大卒の価値って、昔と違ってかなり失われてるんじゃないかと思うのです。
「良い大学に行って、良い会社入って…」みたいなのって、昔の時代錯誤の価値観が、現在にズルズル受け継がれてるだけのことなんです。(ちなみにこの辺の話は、いま仕事をしている大学選びの書籍からの知識です。)

そもそもインターネット時代に、会社の形態が今後続くとも全く思えない。アメリカのように、フリーランス人口は日本ももっと増えるかと思います。
これからの時代は学歴なんかより、一人でどこまで出来るか、職人としての技術力の方がよっぽど大事だと思います。大企業に入って、親も自分も満足…なんて時代は、もう大昔に終わったのです。


それから普通科の高校に行った場合なら、そりゃ進学して専門分野を学んだ方が良いかもしれないけど、工業高校ですでに専門分野を学んでる場合、進学って本当に必要なの?と、ごく純粋に思います。

デザイン科の設備を先生に案内してもらって、すごい恵まれた環境だな!…と、あらためて実感しました。専門学校より、下手すれば充実してるんじゃないかな…。(専門に行ったことないんで分からないけど。)専門学校に行ってガッカリなんてこともあるかもしれません。


それから進学した時点で、すっかり安心してしまうのもやっかいです。大学や専門に真面目に通って、実習をしている自分には満足しないようにして欲しいです…。

学校で認められる、イコール、世間で認められるわけではないのです。
…こう想像すれば分かりやすいけど、例えば日本映画大学に真面目に通って、学内で良い成績を修めたとしても、大女優や映画監督になれる保証は一切無いのです。

(ちなみに高校在学時、私のデザインの成績は下~中くらいで、全く目立たない生徒でした。)

私の大先輩は専門学校の講師をした経歴があるんですが、最初の授業で「君たちは学校に通っている時点で、すでに負け組なんだ!!」と、まず叱咤するそうです。
学校に通うくらいなら外の世界に飛び出して、一本でも多く映画を観たほうがいい、映画を撮った方が良い。その勇気がないから、君らは学校に通っているのだと…。

…そこまでの勇気がもし持てないとしても、進学する場合は学校のネームバリューに囚われることなく、自分が学びたいことが本当に学べる場所に行ってほしいな…と、私は願っています。せっかく学費を払うのだから、それでないと割に合わないし、きっと途中で学校を辞めたくなります。

お話出来たのはたった一日だけど、生徒さんがどんな風に成長するのか、とても楽しみにしています。

●補足:私のように、イラストや漫画を描く場合は学歴不問だけど、純粋芸術とかインテリな分野だと、学歴を見られるかもしれません…。良い美大・芸大に行くのをおススメします。(芸術でどうやってお金を貰えるのか分かんないので…自己責任でガンバってください……。)

追記:私の心のふるさと放送部で、リクエスト曲を流してもらえることになりました!その昔、私が放送部員だった頃に、お昼の放送で流した曲です。すごい嬉しい…!お便りも書きました。